--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dスキャンソフト「mode」を使い マリオをレゴで作ってみた!

2009年02月04日 00:43

高さ75cmのレゴで作ったマリオです。

凄く欲しいんだけど買ったら高そう。何個ブロックを使ったんだ?って感じです。

LEGOマリオ
mario003.jpgmario004.jpg


これは、私の中のギーク心に実に訴えかける、『LEGO』化のワークフローだ。

Keith Brogan氏はまず米NextEngine社の3Dスキャナを使い、マリオの人形をデジタルデータ化した。

次に、得られたメッシュ(格子)を、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)作成ソフトウェア『modo』に読み込ませた。さらに、新しいレイヤーを作り、そこにマリオのワイアーフレームの形に大きさなどが近い、LEGOブロックで構成される単純な立体を再現した。

それから同氏は、modoのツールを使い、この立体とマリオのワイアーフレームが交差する場所を決定していった。そしてついに、スキャンされた人形が、ブロックで再現された「スキン」を手にすることができた。その後、彼はブロック組み立てレースへ挑んでいったのだった。

このLEGO化の全工程は、米Luxology社のコミュニティフォーラムで見ることができる。

[modoは、米Luxology社が開発したソフト。Pixarなどの主要なCG製作スタジオでも採用されている。
日本では、有限会社マーズが代理店として日本語版のローカライズと発売をしている。

制作されたマリオ像は高さ75センチ。構造的に強くなるよう、オリジナルと比べて、腕の位置を体に近づけているという。米Luxology社のコミュニティフォーラムでは、ほかにもさまざまな作品が投稿されている]

WIRED VISION より

mario005.jpg




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/1133-3354561a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。