--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真家ローリー・シモンズのラブドールギャラリー

2012年06月18日 12:35

シモンズ氏の作品の多くは、ドールハウスの中にいるような小さな人形たちが、現実のもののように見えるか、あるいは少なくとも現実の生活を批評するように、撮影したものだ。シモンズ氏によるとその作品は、「写真とは常に真実を伝えるものだ」という認識に疑問を投げかける手段として始めたものだという。「わたしの関心は、できるだけリアルに見える嘘をつくということだ」

シモンズ氏の最も新しい作品の主要な部分では、モデルとして日本製の等身大の「セックス・ドール」(日本語版記事 ※勤務先での閲覧には不適)が使われている。『The Love Doll』と名付けられたこのシリーズでは、現実との境界に非常に近いところまでぼかされているため、パリで開催された作品の最初の展示会では、会場を訪れた多くの人々が、写真の中の人形が本物の人間だと思ったとシモンズ氏は述べる。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/1795-a6a0f706
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。