--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16名が極寒の海で行方不明-カナダ沖ヘリ墜落事故

2009年03月13日 18:07

カナダ当局によると、同国北東部ニューファンドランド島沖で12日、油田施設へ向かっていたヘリコプターが墜落した。搭乗していた18人のうち生存者1人が見つかり、1人の死亡が確認されたが、残る16人は極寒の海で行方不明となっている。
ノバスコシア州ハリファックスの総合救助調整センターのデニス・マグアイア氏は記者会見で、「今回捜索で見つかったのはヘリの残骸ばかり。生存者の形跡は見つからなかった。捜索は続行する」と発表した。

 地方局によると、生存者の男性一名は救助後すぐに病院へ搬送され、現在集中治療を受けているという。

 機体が墜落した現場付近で発見された2隻の救命ボートは、いずれも空だった。乗客乗員は水の中でも30時間浮いていられる救命用着衣を身に着けていたという。

 カナダ大西洋沿岸の現場では捜索が夜通し行われているが、高波と強風のため難航しているという。

 マクグアイア氏は、「我々は生存者が発見できる可能性が完全になくなるまで捜索を続けます」と慎重に述べた。

 極寒の海の中に投げ出された残る16名の一刻も早い救出が求められる。

2009年03月13日 17:31IBTimesより



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/446-9ab677e6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。