--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人誌10数万冊以上を所蔵する「米沢嘉博記念図書館」が明治大学にて2009年夏に開館予定

2009年03月17日 05:23

同人誌とかコミックマーケットっていかがわしい内容の漫画やコスプレぐらいしか思い浮かばないけど実際はどうなの?
10数万冊がそんな内容だったらひくけどね。

001_20090317051453.jpg

以下GIGAZINEより
同人誌10数万冊以上を所蔵する「米沢嘉博記念図書館」が2009年夏に開館予定

明治大学によると、1975年に同人誌などの即売会「コミックマーケット」の立ち上げに参加し、長年にわたり同準備会の代表を務め、近年では延べ50万人超の一般参加者を数えるコミックマーケットの理念を形作るのに大きく貢献し、2006年に亡くなったマンガ評論家である米沢嘉博氏(1979年工学部中退)のコレクションの寄贈・寄託を受けて、今夏にも「米沢嘉博記念図書館」を開設することを決定したとのことです。
この米沢嘉博記念図書館は、駿河台の旧明治高等学校・中学校校舎に隣接する猿楽町第5校舎(地上7階建て、延べ床面積約810平方メートル)全体を使って開設される予定となっており、今回寄贈・寄託されたコレクションは、マンガ雑誌・単行本・同人誌・サブカルチャー雑誌など10数万冊以上に及んでいるそうです。



以下明治大学:マンガとサブカルチャーの専門図書館「米沢嘉博記念図書館」を開設しますより

本学は、2006年に亡くなったマンガ評論家・米沢嘉博氏(1979年工学部中退)のコレクションの寄贈・寄託を受けて、今夏にも「米沢嘉博記念図書館」を開設することを決定しました。

 米沢氏は、ライター・編集者などを経て、マンガ評論を中心とした大衆文化評論を行うとともに、1975年に同人誌等の即売会「コミックマーケット」の立ち上げに参加。長年にわたり同準備会の代表を務め、近年では述べ50万人超の一般参加者を数えるコミックマーケットの理念を形作りました。

 米沢嘉博記念図書館は、駿河台の旧明治高等学校・中学校校舎に隣接する猿楽町第5校舎(地上7階建て、延べ床面積約810平方メートル)全体を使って開設される予定。今回寄贈・寄託されたコレクションは、マンガ雑誌・単行本,同人誌,サブカルチャー雑誌など10数万冊以上に及びます。
 本学では、2008年4月の国際日本学部の開設を皮切りに、大学全体の取り組みとして、この分野の研究・教育を推進しており、その一環として、マンガ・アニメ・ゲームのアーカイブ施設を準備しています。本図書館は、そのアーカイブの第一歩となるものです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/502-7657fd48
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。