--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天、TBS株すべて売却し撤退へ…3年半の攻防に決着

2009年03月31日 20:45

楽天がTBSとの提携を諦め、保有していた約20%の株式をTBSへ買い取り請求したとのこと
楽天の三木谷浩史社長(左)TBSの井上弘社長
楽天の三木谷浩史社長(左)TBSの井上弘社長

以下YOMIURI ONLINEより
楽天、TBS株すべて売却し撤退へ…3年半の攻防に決着

 TBSの筆頭株主の楽天は31日、発行済み株式の19%強の保有株のすべてを売却するため、TBSに買い取りを請求したと発表した。

 2005年10月に楽天が大量のTBS株を取得して経営統合を求めて以来、約3年半にわたる両社の攻防は、楽天側の撤退で決着した。
 TBSは4月1日付で認定放送持ち株会社「TBSホールディングス」に移行した。会社法の規定で、1株主の議決権比率が33%以下に制限されるため、楽天がTBSを単独で子会社化することはできなくなり、業務提携も難しいため、売却することにした。

 楽天が株式の買い取り請求権を行使して、売却するのは約3777万株で、09年3月末時点の一株あたり1294円で計算すると、時価は約488億円だ。楽天は08年12月期決算で約650億円の評価損を処理済みのため、新たな損失は発生しないが、TBS株の取得株価は平均約3100円で売却によって700億円程度が損失として確定することになる。一方、楽天から買い取り請求を受けたTBSは、拒否できないため、銀行からの融資で買い取り資金をまかなう。

 高値で売却したい楽天と、安値で買い取りたいTBSとの価格交渉が難航して1か月以内に価格が決まらなければ、東京地裁の調停に持ち込まれる見通しだ。

(2009年3月31日19時16分 読売新聞)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/587-41829600
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。