--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺骨をゴミと間違えて廃棄 沖縄県浦添警察署

2009年05月06日 18:30

 2月に浦添市内で発見された白骨遺体の遺骨を、浦添署が誤って廃棄していたことを30日、同署が会見し発表した。同署は「人間の尊厳にかかわる極めて重大な事案と受け止めており、親族や県民の皆さまに誠に申し訳なく思っている」と謝罪した。
浦添警察署

 同署によると、遺骨は2月10日に、浦添市総合運動公園近くの墓地で、遊んでいた中学生が発見した。当初、身元不明遺体として署内の遺体安置室に保管されていたが、同21日に安置室の掃除をした際、鑑定に回した一部以外の大部分の遺骨を、署員がごみと間違えて構内のごみ集積所に出した。
同23日、県警本部から「鑑定に回したもの以外にも遺骨はないか」との問い合わせがあり、誤廃棄が発覚。同署は同日午後7時半から翌日の午前8時ごろまで集積場を捜したが、見つからなかった。これまでの捜査では遺体に事件性はないという。

詳細はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/740-9b99a462
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。