--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第6回世界ソフトウェア違法コピー調査」日本のソフト違法コピー率は21%

2009年05月13日 14:14

規制を強化してもキリがないPCソフト違法コピー問題。その調査をビジネス ソフトウェア アライアンス(以下BSA)が発表しました。結果によると、日本の違法コピー率は21%、同損害額は約14.95億ドル(約1700億円)でした。

同調査はBSAの委託によりハイテク調査会社のIDCが実施したもので、これによると日本における2008年の違法コピー率は前年比2ポイント減の21%と世界で2番目(前年4番目)に低かったものの、同損害額は約14.95億ドル(約1700億円*)と世界ワースト10位(前年8位)という結果でした。一方、全世界の違法コピー率は、調査対象110カ国のうち16カ国で上昇したのに対し57カ国で低下と、低下した国の数が大きく上回りましたが、高違法コピー率国の急激なPC出荷の拡大により、全世界の違法コピー率は2年連続して3ポイント増の41%、同損害額は対前年比11%上昇の約530億ドル(6兆2500億円*)という結果になりました。

下は調査結果図
bs01.jpg
*為替レートは1USD=117.93円で計算(2007年平均為替レート「財務省貿易統計webサイトより」)

Via:BSA


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/762-cd159ab0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。