--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフト、欧州ではIE8非搭載で「Windows 7」を提供

2009年06月14日 21:51

Microsoft副社長兼次席法務顧問のDave Heinerは10月22日発売予定の欧州版「Windows 7」にはInternet Explorer8(IE8)を同梱せずに出荷すると発表しました。

その理由はEUの行政執行機関である欧州委員会から、WindowsにIEをバンドルすることは独占禁止法に反する疑いがあると告知されていたため。

以下、CNET/マイクロソフト、欧州ではIE8非搭載で「Windows 7」を提供より
 欧州の規制当局により、独占禁止法違反の疑いがあるとの懸念が表明されてきたのを受けて、Microsoftは、ブラウザを搭載しない形で、欧州にてWindows 7を提供する計画を立てている。

 欧州規制当局は1月に、これまで10年以上もの期間、Microsoftが行ってきた、Windowsに特定のブラウザを組み込んで販売することは、欧州における独占禁止法違反行為に値するとの判断を示していた。Microsoftは、2009年に入って、米証券取引委員会(SEC)に提出したドキュメントの中で、欧州連合(EU)が、Microsoftに対して、対抗する他のブラウザを搭載するか、他の選択肢を提供するように求めてくる可能性が高いと認識していることを明らかにしている。
Via:CNET


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/802-ef95736e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。