--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマジロ?ワニ?ブラジルで体を甲羅で覆われたクロコダイルが発見される

2009年07月09日 23:52

ブラジルはリオデジャネイロ植物園の環境博物館で一風変わったワニの化石が公開中です。

その化石の特徴は体を甲羅で覆われているということ。咀嚼するような歯をもっていること。土を掘れるような手や腕の形をしているということ。

アルマジロのようなワニの化石を発見

以下詳細 NATIONAL GEOGRAPHICより

リオデジャネイロ連邦大学の古生物学者イスマール・デ・ソウザ・カルバーリョ氏は、電子メールでの取材に対し、「体を甲羅で覆われたクロコダイルが発見されたのは今回が初めてだ」と述べている。現生のクロコダイルは、背面に角質化した鱗を持っているだけで、甲羅を持つ種はいない。

「奇妙なのはそれだけではない」と、指摘するのは同大学の古生物学者チアゴ・マリーニョ氏だ。「この化石の主はわれわれ哺乳類と同じように、歯で食物を咀嚼していたようだ。強力なアゴでエサを砕くのではなく、下アゴを前後に動かし、乾燥した肉や植物の根、松の枝、軟体動物などを歯ですりつぶしていた可能性がある」。

 化石は2005年、サンパウロ州のバウルで発見された。デ・ソウザ・カルバーリョ氏によると、この地域は9000万年前には高温で乾燥した気候だったという。「生息地域には季節的にしか雨が降らなかったようだ。年間を通して水が豊富な地域に生息している現生のクロコダイルやアリゲータとは異なる」。

 また、アルマジロのように手と腕を使って土を掘ることもできたようだ。「穴を掘るのは天日で脱水状態にならないようにするためだろう。あるいは、ほかの巨大クロコダイルから身を守るためだったかもしれない」とカルバーリョ氏は話している。


Via:NATIONAL GEOGRAPHIC


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/839-6d7f5251
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。