--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛丼の吉野家はなぜ券売機を置かないのか?

2009年08月04日 23:47

何の気なしに吉野家のことを調べてみるとこんな話がありました。

吉野家

なぜ、「券売機」を置かないのか?・・・そうですよね。あれだけ効率性を求めている会社ならば券売機を置くのが普通なのでは?と思うのですが。

この質問にプレジデントロイターの記事内で吉野屋の阿部社長が答えています。

「いやいや、券売機を置いたほうが作業の繁雑性ははるかに小さくなるから、労働生産性を徹底的に追求しているわれわれとしては、本来、券売機は必然の道具です。しかし、非常に矛盾に満ちたことではあるけれど、券売機を置かないことで大事にしたいことがあるんですよ」

安部社長は、券売機を置くと「ご注文は何にいたしますか」という接客用語が、ひとつ減ってしまうという。そして、代金の受け渡しという接客行為もひとつ減る。それゆえ、券売機を置かないというのだ。なんとも情緒的な回答である。

「文化人の方々は、吉野家は無機質このうえないとおっしゃるわけですが、築地で生まれた吉野家には、伝統的に醸し出してきたひとつの文化があると思うんです。券売機を置かないのは、その文化を、収益が許す限り大事にしていきたいというメッセージでもあるんです」


・・・休憩中にさっと食事を済ますために吉野家をよく利用しますが、女性の店員だとちょっと話するのも嬉しいもんです。男だったら食券でもいいかな・・・。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/883-9c7ccc6d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。