--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代さんのコラムより

2009年09月07日 01:47

会社にあった新聞に、最近妙によく見る勝間和代さんのコラムが載ってあったので読んでみました。

「ジャンケン、ジャンケン、またジャンケン」という題名で、発明王エジソンの電球フィラメント開発の話題を引き合いに出し、物事にチャレンジし続けることが成功につながるという話でした。

エジソンが電球のフィラメントの材料である竹を探し当てることができたのは7600種類以上の材料を取り寄せていたため。天才と言われている人でも失敗を繰り返し成功することができた。
チャレンジを続けていくと「失敗による消去法」を覚えていくために次第に負けが少なくなっていく。ということが書かれていました。

勝間さんの言うことは判ります。ですが僕にとって失敗とは、成功へのステップというより恥をさらすことだと、お馬鹿なプライドを持った脳が認識しています。多分、成功に辿り着くことなく諦める癖がついてしまっているのでしょうね。何とかこの性格を矯正できれば新しいチャレンジを始めることができるんだけどな。。。
やばいな、老後に後悔ばっかりしている爺さんになってそう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/918-3b886321
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。