--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『金を払うかピザを返せ!』 ピザ宅配員、宅配先の子供をタテに要求する

2009年09月09日 22:00

一定時間以上遅れたら無料にする。っていう宅配ピザのサービスってどこの国が発祥なんでしょうか?

米映画や日本でも見かけますしオーストラリアでも実施しているようです。しかし、オーストラリアでは規定時間を越えてしまった業者と待ちくたびれた客でトラブルが起こっていたようです。

ダーウィン(Darwin)在住のリサ・パードクーパー(Lisa Paardekooper)さんは、注文したピザの宅配が1時間以上遅れたので、宅配員に対して代金の支払いを拒否したという。「宅配員は、『金を払うかピザを返せ』と詰め寄ってきて、門のすき間から手を出して、甥っ子をひっつかんだ」

 口論の後、リサさんがこぶしを振り上げたところ、宅配員は子どもを離したという。

 ノーザンテリトリー・ニュースによると、警察もこの騒動を調査。つかまれた子どもの母親のシンディ(Cindy)さんは、宅配員の行為は許し難いと語った。「4歳の息子をひっつかんで、身代金としてピザを要求した。これは児童虐待で暴行よ」

 ピザ宅配店は、今もこの宅配員を解雇していない。この店の店長は「(宅配員が)子どもに危害を加えようとしたとは思えない」と語った。

Via:AFP BB News


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitekita01.blog26.fc2.com/tb.php/922-b63b7f2f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。